ソフトウェアの開発効率を下げることなく、ソフトウェアの解析を困難にするシステムです。またシステム自体のオーバヘッドも小さく、対象ソフトウェアへの影響も微小です。このシステムは大手メーカの商品に実際に組み込まれています。