UDF4(UDF four)は豊富なUDFライブラリ開発経験をもとにハートソリューションズが作成したUDFを操作する軽量かつコンパクトなライブラリおよびツールです。

【詳細】
組み込み現場におけるライブラリやモジュールに対する要求には様々なものがあります。弊社でも過去の開発において、この問題に直面することも多く、その度々にアドホックに対処して参りました。

UDF4では過去のこのような反省点から以下の4点をコンセプトとし、開発されたライブラリです。

* UDFの様々なバージョンに対応していること
* 小メモリ、小サイズで動くこと
* むやみやたらとメモリ割付をしないこと
* 様々なプラットフォームで動作すること

UDF4は全てソースはCで書かれており、極めて軽量・コンパクトで、バイナリサイズは160kしかございません(i386, gcc 4.2.1でコンパイル) ReadOnlyの場合は120kとよりコンパクトになります。

また、mallocの回数は必要最小限に抑えられており、フラグメンテーションを最小限に抑えることができます。

Virtual Partition Mapや Metadata Partition Mapにも対応しており、多くのUDFバージョンのファイルを操作することができます。

APIは直感的に分かりやすいUNIXタイプのAPIとなっており、ファイルの操作(open/close/read/write)などが通常のファイルのように行えます。

UDF4をご利用になってみたいという方はお問い合わせください。
詳細仕様、ライセンス、利用料等折り返し返信いたします。